群馬県・鬼石町/神流湖を一望する料理宿[茜彩庵 山水]

チーズ工房 Three Brown

自然豊かな赤城山の南麓、標高600mの見晴らしの良い場所に、おとぎ話の中に出てくるような可愛らしいお店が現れます。
はつらつと素敵な松島さんご夫婦が営むThree Brownは、乳牛「ブラウンスイス牛」の飼育・搾乳から、
チーズ造りまで、ご自身たちの手で一貫して作り上げているチーズ工房です。
お店は曜日限定でオープンするため、お話を伺った日もたくさんのお客様がいらっしゃいました。
まさに知る人ぞ知るお店です。ご夫婦は元々高校生の時に知り合い、
ご主人の高校生時代から持ち続けてきた「牛を飼ってチーズを造りたい!」という夢を18年かけて叶えられました。
 

 
三重県の農業高校で出会ったお二人は、卒業後は全国の牧場で修行を積み、三重県で酪農ヘルパーをしながら開業資金を貯めていたそうです。
養豚を営まれていた奥様のご実家での開業を決意した後は、北海道の「共働学舎新得農場」で一年間チーズの研修を受け、
その後また酪農ヘルパーに。そして、牛の飼育に欠かせない「削蹄」を身につけるため牛削蹄師としても五年間修行されたそうです。
 

 
また、北海道出身のご主人のご実家が酪農家だったため、その時すでにブラウンスイス牛を5頭飼ってもらっていたとのこと。
しかし、ご実家が廃業することとなり、5頭を買い取るというお話が浮上。その時は資金の問題で3頭しか買い取ることができず、
その経験を忘れないよう、初心を忘れないようにと「Three Brown」という店名を名付けたそうです。
 

 
牛たちが暮らす牛舎も手作り、牛の乳も手搾り、チーズを製造・販売する工房も手作り。
さらには、牛たちが放牧する運動場の開墾も荒地から始めるなど、開業までの道筋はまさに波乱の連続だったそうです。
 

 
「モッツァレラ、カチョカバロ、スカモルツァ、ジル」など、店内に並ぶ自慢のチーズたち。
一番人気なのは一年間にも渡り熟成させる手間隙の手間隙のかかった「カチョカバロ熟成」。
1cm厚の輪切りで焼いて食べるのが絶品な「カチョカバロ」に対して、こちせはそのままスライスして食べるのがおすすめとのこと。
その他にも、パリと前橋を拠点に活動するフランス人アーティスト兼シェフ「ジル・スタッサール氏」と
共同開発した濃厚な味わいの「ジル」も人気だそうです。
 

 
「Three Brown」で作られたチーズは、当宿の食事にも使用させていただくこともあります。
店頭でのチーズの販売日は、水曜と日曜、月末の土曜となります。店内には少量多品目なお野菜たちも並んでいますよ。
山水からは約1時間半と少し距離はありますが、当宿よりお帰りの際は
ぜひ群馬県前橋市のチーズ工房「Three Brown」にお立ち寄りください。

INFORMATION

チーズ工房 Three Brown

住所:〒371-0201 群馬県前橋市粕川町中之沢384-96

電話:027-285-6862 ※水・日・月末の土 10:00〜16:00

Google Mapをみる >